コンデジ持ってブラブラ 私の日常&非日常

日々質素に暮らして時々旅したい

いきなりステーキさん 6月12日 12回目 C店(平日ランチ)

実は昨日のお昼ご飯で酷い目に遭ったので、やっぱりいきなりステーキさんの方が良いという事で、行きました。


料理の写真は撮ったのですが、あまりにも酷かったので昨日のブログには書いていません。


書く労力も惜しくなるほど酷かったのです。


いきなりステーキさんのB店では他の人には出していた黒ウーロン茶は、私たちには無いと言われ、ZEROコーラとグラスウーロン茶を頂きましたが、C店は黒ウーロン茶をちゃんと出して下さいました。



ゴールドカードを最初に見せると、ドリンクサービスは何となくですが、申し訳ないように思うようになってきました。


今後はドリンクは頂かないようにしようと思いました。


今日の私はリブロースステーキ300gカットとライス大盛単品を頂き、焼き方を訊かれたので、レアをお願いしたのですが、来た時既にミディアムになっており、切って頂く時にはウエルダンになっていました。
焼き方を訊かない方が良いと思いました。
ただ、お肉は柔らかくて美味しかったですよ。



妻はワイルドハンバーグにサラダ、ライスセットを注文しました。
相変わらず、ハンバーグはウエルダンの状態でした。


C店は他の2店と違ってライスは料理の後に提供されます。
このライスの盛り付けがまた、普通盛りに、もう一杯載せただけで整えていないというのがアリアリで素晴らしい(笑)です。
ご飯自体は大変に美味しいのに、ご飯の盛り付けに全く愛情が感じられない、こういう”やっつけ仕事”ができるのはパートさんばかりのお店だからできる仕業だと思います。



このC店は開店したばかりですので、仕方ないかもしれません。


B店は若いお兄さんが焼いてくれるとレア状態で提供されるので、若いお兄さんがいる時は美味しく食べる事が出来ます。


焼く人に寄って、焼き方が違うのを何とかしてほしいと思う今日この頃です。


レジのスタッフが新人さんらしく、レジ横にあったいきなりステーキオリジナルのウーロン茶を1本買おうとされた、私たちの前のお客様がいらっしゃいました。


スタッフさんがレジの打ち方が分からず、焼き場の人に訊いて、レジに出て来ました。


レジの液晶画面にゴム手袋のまま打っていたのを見て、「衛生的に大丈夫なの?」と心配に成りました。


ゴム手袋をしているのの意味がないから、そういうの私たちお客さんに見せるの止めてほしいんだよな・・・。


もしかしてその手でサラダもよそってるの?と心配になりますから・・・